> カードローンの解約について

カードローンの解約について

最近では、カードローンというのは一気に身近な存在となってきております。
昔は消費者金融しかそのような商売をしていなかったので、何だかとっつきにくい存在でした。

しかし今では、大手都市銀行や地方銀行でも、
カードローンを取り扱っており、信頼を置くことができます。

信頼がありながら、消費者金融のキャッシングのような
利便性も併せ持っており、非常に便利なものです。

その銀行に口座があり、キャッシュカードがある人であれば、
銀行口座を返済で利用することもできますし、
キャッシュカードにカードローン機能を
プラスすることも簡単にできるというもの。

使っていないカードは解約したほうが審査時に有利

そんな気軽に借りられるカードローンですが、
使わなくなったとしたらどうすればいいのでしょうか。
理想としには、解約をしてしまうのがベストです。
それはなぜなのでしょうか。
仮に、限度額が500000円の銀行のカードローンを契約しているとしましょう。

すでに利用したお金も完済して、現在は借り入れはありません。
この状態であったとしても、信用情報には「借り入れあり」という風に登録されてしまうのです。また信用云々ではなく資産管理、金融マスターさんでない場合カードがある時点で使ってしまうこともあるでしょう。単純にローンの利用を断つという意味で解約するだけでもいいのではないでしょうか。

この信用情報というのは何かというと、お金を利用したときに登録される情報のことです。
クレジットカードのショッピングやカードローン、住宅ローンにマイカーローンなど、
借金と呼ばれるものはここに情報が集約されています。
新たに借金をするとき、どの会社においても審査というものを行います。

その審査の際には、信用情報を閲覧することがほとんど。
信用情報に「借り入れあり」となっていれば、それは審査にはプラスには影響しません。
実際はカードローンで借金をしていないのにもかかわらず、
審査にマイナスになってしまうのは、あまり気分のいいものではありません。
そのため、使っていないカードローンは解約をしたほうがいいというのです。

もちろん、解約したほうがいいというのは他にも理由はあります。
あればあったで、新たに借金をしてしまう可能性があるということです。
解約していれば借金のしようもありませんからね。