> ローンの審査基準について

ローンの審査基準について

おまとめローンに限らず、
ローン申し込み時の審査基準については、 細かい部分では各社の独自の判断となるケースが多いですが、 ある程度共通しているといわれている審査基準というのも存在します。

おまとめローンにおいて各社共通といわれている審査基準について下記の3つがあります。

勤続年数

最も重要視されているともいわれている審査基準が
この勤続年数です。

勤続年数が1年~5年という場合で、「普通」であると評価されるといわれており、 3ヶ月、6ヶ月など1年未満の場合はその時点で不合格となるとのことです。
例えば転職直後などの時期であれば、
すこし時期をおいてから最低でも1年が経過したのちに 申し込みを行ったほうが、よりスムーズに審査を通過できる可能性が高くなります。

金融事故

これもまた、金融業会ではまず不合格になるとされている項目です。 金融事故とは一般には「ブラックリスト」などと呼ばれることもあり、そちらの呼び方のほうがおなじみですね。

主に、返済が3ヶ月以上遅れている人や、 自己破産などの法的処理を行った人のことを金融業界では「事故者」と呼んでおり、この事故情報はCRINというネットワークで確認することが出来ます。
この情報は、事故の状態が解消してから1年~10年は残っており、その間は審査を通過することが不可能となってしまいます。

同時期の重複した申し込み

ローンの審査通過を焦ってしまうあまりに、
同時期に複数の業者に対して申し込みをしてしまうというのも、
意外によくあるケースのようです。

このような多重申し込みに関しては、
業者から見ると極度にお金に困っている人だと判断
されてしまい、審査を通過することが出来なくなってしまいます。

申し込み履歴はおよそ1ヶ月~6ヶ月が経過すると末梢されてきれいになるといわれています。
ですので、もしも審査を通過できなくて、他社への申し込みを行う場合は、
ある程度時間を置いてから申し込みを行ったほうが、
審査を追加できる可能性がより高くなる
といえるでしょう。

自己申告する内容は正直に

その他にも、対面での審査の場合などは、不審な言動や行動なども怪しいと判断されます。

また、ついついちょっとだけ年収を多めに書いてみるとか、ちいさなウソをついてしまいがちですが、 信用情報機関にはかなり正確な情報が残っている場合がほとんどですし、 収入証明が必要となった場合などにはすぐにわかってしまうことですから、 申し込み時に申告する内容に関しては
できるだけ正直に包み隠さず申告したほうが後々のためだといえます。