> デメリット

デメリット

悪徳業者から借りてしまう

これは「おまとめローン」を行う上で、
最も注意しなければならないポイントです。

そもそも、「おまとめローン」は既に借り入れのあった業者よりも金利の低い、好条件なローンであることが必須条件であることは既に述べましたが、 【好条件なローン=審査が厳しい】
という図式が当然のごとくつきまといます。

好条件なローンだと審査が厳しいから、割と審査が緩い業者から借りてしまう。
この業者がきちんとした業者であれば問題ありませんが、 一歩間違えると、表面的には好条件を装っていた金利なども、イザ借りてみたらまったく違っていた、俗に言う悪徳業者だったという例も少なくありません。
審査が緩い業者ほど悪徳業者である確立も高くなるのはいうまでもありません。
その場合、総借り入れ額を減らすどころか、逆に金利がかさんで増えてしまうということもあるのです。

借り入れできる業者が増える

これはメリットの項目でも挙げましたが、借り入れできる業者が増えたことを精神的な余裕として受け止めて、 万が一の場合以外では借り入れを増やさないでいられるのであればメリットにもなりますが、 逆にまた借りることが出来るからといってついつい借りてしまうという場合は簡単にデメリットになってしまいます。

「もともと数社から借りていたのだから、借り入れ先が増えたわけではない」。と考えてしまうのは絶対にダメです。

この場合、例え借り入れ先の数が変わらなくても、総借り入れ額自体は確実に増えてしまいます。

これではせっかく「おまとめローンを」行って総借り入れ額を減らしても、まったく意味がなくなってしまいます。 でも、意外にこういった流れに陥ってしまう場合も少なくないので注意が必要です。

ある意味、メリットとデメリットは表裏一体、紙一重であるということもお忘れなく。